旅狼~たびろう~の雑記ブログ

自称多趣味な旅好き狼が書く雑記ブログ。

今話題の "Fate" って??

f:id:k3eng:20190212153129j:plain

 

みなさまお久しぶりです!

書いては止まり、書いては止まりで、まるでどこぞの漫画家さんのようですが、、笑

 

 またまた復活です!

 

 

ということで、

 

今回は「オオカミ特集」の続き!

ではなく(笑)、Hotな話題

 

Fateシリーズ

 

について書いていこうと思います!!

 

f:id:k3eng:20190128172222j:plain

 

僕も大好きなシリーズです!!

 

が、、

 

あくまで

「アニメ作品として」

「ゲーム作品として」

好きであるということですので、

 

いわゆる「ガチ勢」の方がご覧になった場合、少々不備や誤りがあるかもしれませんので

 その際はご了承ください。。

 

 

 

※ 2019年1月30日追記

本日、2019年1月30日をもって、

Fateの最初のPCゲームが発売されて15周年を迎えたとのことです!!

 

おめでとうございます!!!

 

まさかこんなぴったりなタイミングで記事を書けるとは。。

我ながら驚きです!笑笑

 

これからもとどまることを知らないFateの世界でありますよう

そして、たくさんの「運命」の出会いを創っていっていただきたいですね!!

 

fate-15th.com

 

 


スポンサードリンク
Apple Music アフィリエイトプログラム

 

 

そもそも"Fate"って??

まずは世界観ですが、Fateシリーズの世界では

魔術師

と呼ばれる人間たちが中心となって描かれます。

 

この世界では

「魔法使い」

とは区別されるもので、

 

イメージを言葉にすると

「人間に可能なことをその過程をなるべく短くして行う」

というのが「魔術」。

 

なので「魔術」では「奇跡」は起こせないわけで、

「奇跡」を起こす業が「魔法」という位置づけみたいです。

(ここは僕もなんとなくしかわかりません、、笑)

 

 

そんな魔術師たちが

『「奇跡」を起こす「聖杯」を奪い合う』

というのが、一番の大筋ですね!

 

つまるところ、

「手に入れるとなんでも願いが叶う器を獲る戦い」

の物語というわけです!

 

 

この戦いが聖杯戦争と呼ばれる戦いで、

毎回7人が聖杯によって選ばれ、相争うというシステムです。

(シリーズによっては、この参加人数には変動がありますが、、)

 

 

さらに、この聖杯戦争にはもう一つ非常に重要なシステムがあります。

 

それが

「過去の英雄を呼び出して使役する」

というシステムです。

 

選ばれた7人の魔術師たちは「マスター」と、

呼び出された英雄は「サーヴァント」と呼ばれます。

 

マスターたちは

それぞれ「聖遺物」を用意することで英雄をサーヴァント(使い魔)として呼び出します。

 

「聖遺物」というのはその英雄にゆかりのある物ですね!

 

「〇〇の剣」だったり「〇〇の服の布」

といった具合ですが、中には

「その英雄にまつわるエピソードにちなんだもの」

というパターンもあります。

 

f:id:k3eng:20190129210454j:plain

こちらは、とある剣の鞘

f:id:k3eng:20190129210533j:plain

こちらは「最古の王」のエピソードにまつわるもの

 

とまあ、まとめますと、

 

『手に入れた者の願いを叶える「聖杯」をめぐり、

7人の魔術師たちが英雄を使役することで戦い合う』

 

ということになりますね!

 

 

もちろん、形の上では英雄たちの代理戦争ですが、

マスター同士が戦い合うこともあったりと、バトルロイアル形式の戦いというわけです!!

 

 

 

サーヴァントについてもう少し詳しく!!

このトピックでは

上でご紹介した「サーヴァント」についてもう少し詳しく書いていきますが、

 

今回の大まかな紹介においては知らなくても良いところなので読み飛ばしても大丈夫です!!

f:id:k3eng:20190128202657p:plain 

 

 

聖杯戦争は、7人の魔術師(マスター)が呼び出した英雄(サーヴァント)とともに戦う

バトルロイヤルだというのは上述の通りですが、

呼び出される7人のサーヴァントについてもそれぞれ特徴があります!

 

そもそも、ここまで「」と書いてきましたが、

厳密にFate式にいうと「」となります。

 

この「英霊」というのは、

死後、人々によって祀りあげられた存在」という定義らしく、

 

実際に存在したとされる英雄以外にも

物語の中の人物」、「概念としての人物」、はたまた「人間以外の"何か"

についても対象となります。

 

例えば、

後述のFate/Grand Orderというスマホゲームでは

コナン・ドイルの小説中の人物である「シャーロック・ホームズ」

が召喚されたり、

「母の愛を探す子供たち」という概念として「ジャック・ザ・リッパー」

が召喚されたりしています。

 

さらに、

そんな英霊たちが存在する「英霊の座」には時間軸が存在しません

 

つまり、

呼び出す対象となる英霊は過去からだけではなく、現在、そして未来からも可能になります

 (この設定が重要となるシリーズもあります)

 

 

そんな英霊、「霊」というくらいですから、

召喚するといっても「本体」そのものではなく「憑依」のような形でしか現界させられません。

 

そのために用意されたのが「クラス」というシステムです。

(「役職」のようなもの!)

 

この「クラス」という器に英霊を収めることで、現世での現界を可能にしているという設定なんですね!

 

 

基本クラスはつ存在するので、

(これもシリーズによっては増えますが、それを話すとめちゃくちゃ長くなりますので割愛します。。笑)

各クラスにつき1人の英霊が呼び出されることになります。

 

そして戦いの間、基本的にはこのクラス名によってサーヴァントは呼ばれることになります。

(理由は長くなるので割愛。。笑笑)

 

 

その7つクラスをそれぞれ簡単にご紹介します!

 

セイバー

:剣士。剣を使う英霊。該当する英霊に戦士として優秀な者が多く、

7つのクラスの中でも「最優」のサーヴァントとの呼び声が高い。

f:id:k3eng:20190129231404j:plain

 

アーチャー

:弓兵。のはずだが、「撃つ」、あるいは「モノを放つ」ことができればこのクラスに該当するため、

「弓を使わないアーチャー」も多い。

というか、「弓を使わないアーチャー」がほとんど。笑

f:id:k3eng:20190129231422j:plain

 

ランサー

:槍兵。槍を使う英霊。運動能力に秀でた英霊が多く、作中では「最速の英霊が選ばれる」とも言われている。

f:id:k3eng:20190129231438j:plain

 

ライダー

:騎兵。「乗り手」としての逸話を持つ英霊。

その対象は、動物だけでなく神獣や船といった「乗り物」という概念すべてに当てはまるため、

このクラスにも優秀な英霊があてられることが多い。

f:id:k3eng:20190129231454j:plain

 

キャスター

:魔術師。文字通り「魔術」の使い手。英霊によっては「魔法」に近い「神代の魔術」を使う。

(神代とは、人間と神が共存していた時代のことです。神話や伝説の時代だと思えば良いです!笑)

あるいは「物語る者」として作家や医者、哲学者などの文化人が召喚されることもある。

f:id:k3eng:20190129231509j:plain

 

アサシン

:暗殺者。

基本は「アサシン」の語源となったとされる中東の暗殺者教団の教祖「ハサン・サッバーハ」のみが対象だが、

シリーズによってはこのルールが存在しない世界線もある。

f:id:k3eng:20190129231522j:plain

 

バーサーカー

:狂戦士。

「発狂した逸話」を持つ者や「狂気的な行動をとったとされる者」が該当するほか、

召喚者が「狂化」の属性を付加することも可能。

その際は召喚される英霊が「狂化」の属性を受け入れるかによって可否が決まるらしい。

f:id:k3eng:20190129231534j:plain

 

 

この7つのクラスにあてられたサーヴァントとそのマスターたちが聖杯を巡って争うのが

聖杯戦争

というわけです!!

 

 

 

原典"Fate/stay night"!!

現在、数多くのプラットホームで展開されているFateシリーズですが、

 

シリーズの大元は

なんとプラットホームがパソコンの”エロゲー”でした!笑笑

 

ですがR12にレーティングを改訂し、加筆・修正した

"Fate/stay night  [Réalta Nua] "

がプレステ2をプラットホームとして販売されます。

 

フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] extra edition
価格:2980円(税込、送料無料) (2019/1/28時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
楽天で購入
 

 

この

Fate/stay night

というシリーズが原典と言える作品です。

f:id:k3eng:20190129212630p:plain

 

ゲームスタイルは「ビジュアルノベル」と呼ばれるもので、

画面に絵を見ながら文字を読んでいくというものです。

 

「大人版絵本」

とイメージしてもらえばわかりやすいでしょうか。

(ただの「子供ではない」という意味の「大人」ですよ。笑)

 

 

制作はTYPE-MOONというゲームブランド。

 

会社自体は「有限会社ノーツ」ですが、

これは僕も、今回調べて初めて知りました。笑

 

"ノーツ=TYPE-MOON"

という認識で問題ないかと思います。

 

ちなみにネットでは型月と書かれることがほとんどですね!

 

 

そんなTYPE-MOON作品は、Fate以外には

 

月姫(つきひめ)

空の境界(からのきょうかい)

 

が有名どこでしょうか!

 

あくまで今回はFateのお話ということで、

そして僕自身はこの2作品についてはほとんど無知ですので

触れることはしませんが、

 『空の境界』については原作の小説を以前読みました!

 

「むむ、難しい。。」

 

というのが率直な感想です。笑

 

世界観はTYPE-MOON作品共通で「魔術」が存在する世界なのですが、

そんな世界で起こることなので、文字で理解するのが少々難解。笑

 

順番的には『月姫』や『空の境界』の方が先の作品なのですが、

「世界観を理解する」という意味では

Fateシリーズから手をつけた方がわかりやすいかもしれません!

 (かくいう僕も、『空の境界』を読んで「魔術ってそういうことね!」となったので、、!笑笑)

 

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

空の境界(上) (講談社文庫) [ 奈須 きのこ ]
価格:691円(税込、送料無料) (2019/1/28時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

空の境界(中) (講談社文庫) [ 奈須 きのこ ]
価格:864円(税込、送料無料) (2019/1/28時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

空の境界(下) (講談社文庫) [ 奈須 きのこ ]
価格:928円(税込、送料無料) (2019/1/28時点)

 

 

fateの話に戻りますと、

実は上述のPS2版 [Réalta Nua] の前にアニメ化を果たしています!

 

それがスタジオディーン制作による"Fate/stay night"になります。

f:id:k3eng:20190128182944j:plain

 

通称「ディーン版」、あるいは「Fateルート」「セイバールート」というわけなのですが、

 

ここから初見の方は

「んん??」

となるかもしれませんので頑張ってください!笑笑

 

 

このFate/stay nightには多くの女性キャラクターがいるのですが、

その中でも3人のキャラをそれぞれヒロインとした「ルート」が存在します。

 

ヒロインが異なることで話が変わってくるということですね!

 

その3人というのが

セイバー

f:id:k3eng:20190128184912j:plain

 

遠坂凛

f:id:k3eng:20190128184927j:plain

 

間桐桜

f:id:k3eng:20190128184940j:plain

というキャラで、

 

それぞれがヒロインとなるルートに副題がついています。

それが

Fate

Unlimited Brade Works

Heaven's Feel

です。

 

 

これらはそれぞれが独立したストーリーになっていて、

すべて了読することで、Fate/stay nightのストーリーをすべて理解できるという訳ですね!

 

 

そして上で書いた通り、

スタジオディーンによって最初にアニメ化されたのが

セイバーをヒロインとした「Fateルート」、「セイバールートというわけです!

 

ここから、「ゲーム」より「アニメ」としてのイメージが強くなったと思われますね!

 

 

以降、

ゲームは [Réalta Nua] がPS Vita版で発売され、iOSではスマホ版も登場しています!

 

 

アニメーションについては

まず、スタジオディーン制作の"Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS"、

通称「凛ルート」が劇場映画化されます!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】 劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS (初回限定版) [Blu-ray]
価格:11900円(税込、送料別) (2019/1/28時点)

 

 

その後、アニメーション制作会社がufotableとなり、

再び凛ルート"Fate/stay night [Unlimited Blade Works]"としてテレビアニメ化されました!

 

ちなみに僕が"Fate沼"にハマりだしたのはこのタイミングですね笑笑

 

 

ですが声を大にして言いたいっ!!

 

このufotableという会社の作画力は本当に凄まじいんです!!!

 

f:id:k3eng:20190129220439p:plain

creator's office ufotable


 

もちろん、

ストーリーが面白かったりキャラの魅力が際立っているというのもFate/stay nightの見所ですが、

この作画には本当に驚かされた!!

 

多分、ufotableの作画を見てしまうと、

他のアニメーション作品の作画が気になってしまう。。

 

それくらいのクオリティです!!

 

特に「」の作画に注目して欲しいですね!すごいからホントに!!

 

 
 
 
そして満を持して、
ufotable制作の"劇場版Fate/stay night [Heaven's Feel]"
が公開されました!!
 
この劇場版こそが、
Fate/stay nightシリーズの「最終ルート」とも言われる
通称「桜ルート」こと"Heaven's Feel"です!
 
 
映画は三部作となっていて、今まさに第二部が公開されています!!
(一番最初の画像は、この劇場版のキービジュアルです!)

 

 冒頭で「話題の」といったのはこれのことなわけです!

 

アニメに造詣のない方々はランキングでこのアニメが出てくるたびに

「なんだぁそのアニメ映画は?」

となっていたと思いますが、

 

ここまでそのアニメ映画のご紹介をしてきたということです!!笑

 

 

ですが現在公開されているのは第二部

 

さらに今回映画化されたHeaven's Feelは、

他のルートFate、そしてUnlimited Blade Worksを観ないとかなりわかりにくいです。

 

つまりこう言いたいのです。

 

第三部公開までにFateを観よう!!笑笑

 

幸い、第三部は2020年春に公開予定

 

時間はある!!

 

しかもUnlimited Blade WorksはAmazonプライムビデオで観ることができますし、

Fateシリーズは多くの動画配信サイトで観ることができます!!

 

#00 プロローグ

#00 プロローグ

 

 

  

 

ですが、やっぱり映画は劇場で観てほしいものではあります!

 

というのも、現在公開中の劇場版第二部も本当にすごいんです!!

 

確かに内容はわからないと思います。。笑

 

が!

音、そして作画

今まで観た映画の中で最高だったと言っても過言ではないです!!

 

それくらい圧巻の内容でした!! 

 

アニメ大国日本の代表としても胸をはれる!

そんなクオリティです!!

f:id:k3eng:20190129194023j:plain

Heaven's Feel 第2章キービジュアル

 

と、少々アツくなってしまいましたが、それくらいHotな内容です!

 

 

こんなところで、原典としての"Fate/stay night"の紹介は以上としましょう!!

 

 

 

他のおすすめシリーズは?? 

 Fateシリーズは"stay/night"以外にもとても多くの作品があります。

 

最初はここですべてをご紹介するつもりでいたのですが

「ちょっと多すぎやしないか…!」

となって僕のオススメを書かせていただく形に変更しました!笑

 

それくらい色々な作風のシリーズがあります!

当然、人によっておすすめする作品は違うでしょう。

 

ですので

「あくまで僕がおすすめするシリーズ」

であることを頭の片隅に置いておいてほしいです!

 

 

まず前提として、

各シリーズにはそれぞれ英霊が登場します。

 

その英霊たちの設定がとても精密!

 

旅行が好きな僕は世界史もたまに覗くのですが、

本当に伝承や史実を忠実に設定に加えています!

 

もちろん、キャラによってはオリジナルの設定にもなっていますが、

(Fateのお家芸は「女体化」と言われていますので笑笑)

それはそれでかなり細やかな設定となっています!

 

本当に

「"Fate"という一つの世界がある」と言っても過言ではない!!

 

そういうシリーズなわけなんです!

 

 

そんな中でオススメするstay night以外のシリーズは

"Fate/Zero"ですね!!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Fate/Zero Blu-ray Disc Box Standard Edition [Blu-ray]
価格:23357円(税込、送料別) (2019/1/29時点)

 

 

制作はufotable。著者は虚淵玄さん。

 

、、はい。

ここで察した方はアニメ好きですね。笑笑

 

虚淵さんの作品は「報われない」キャラが多いことで有名なのですが、

このFate/Zeroでもその傾向があります。。

 

しかし同時に「深いっ!」と思わせてくれる作品も多いのが特徴です!

 

本でいうと、

「古典」と呼ばれるジャンルが好きな方

SF(特に海外の、フィリップ・K・ディックやジョージ・オーウェルなど)が好きな方

には強くオススメしたいですね!!

 

 

Zeroのあらすじをざっくりご紹介すると、

 

この物語の主人公は、stay nightの主人公のお父さんです。名前は衛宮切嗣。

f:id:k3eng:20190129144608j:plain

なかなか渋めですよね〜

あ、ちなみにstay nightの主人公は衛宮士郎くん。(紹介していませんでしたね笑)

f:id:k3eng:20190129144802j:plain

観ていると意外と気にならない赤髪。

 

stay nightは「第5次聖杯戦争」を描いた作品なのに対し、

Zeroは「第4次聖杯戦争」を描いた物語。

 

つまり、Zeroはstay nightの前日譚に当たるわけです。

 

主人公の年齢を見てもわかる通り、

Zeroの方が主人公や各キャラの葛藤や想いなどが深いといいますか、

難しい内容にはなっています。

 

それゆえに面白いんですけどね!!

 

バトルシーンが素晴らしかったり

キャラの造形が素敵なのは当然としてですよ!!

 

 

そして観る順番!

ここは人によって様々だと思いますが、

僕はstay nightから観ることをオススメします!

 

時系列的にはZeroが先ですが、

「あくまでstay nightあってのZero」

ですので!

 

stay nightは

ディーン版FateUNLIMITED BRADE WORKS

ufotable版Unlimited Brade Works

がありますが、、

 

ディーン版のUNLIMITED BRADE WORKS劇場版ということで

初見ではあまりオススメはしません

設定を理解していないと、話の展開についていけないと思います。。

 

ですのでテレビアニメの

ディーン版Fate

あるいは

ufotable版Unlimited Brade Works

をオススメします!

 

時間がない方は

ufotable版Unlimited Brade Works

をオススメします!!

 

Fateの世界観、特にstay nightとZeroの世界観、

そして、主人公である士郎のことがよくわかると思いますので!!

 

この「士郎を知る」というのは

劇場版Heaven's Feelでもとても重要な要素になってきます。

 

 

Zeroについても多くの動画配信サイトで観ることが可能ですよ!

 

Fate/Zero

Fate/Zero

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

 

Fate/Zero、是非是非ご覧ください!

 

ちなみに僕は、

このFate/Zeroがシリーズの中で一番好きですので!!

 

 

 

スマホゲームあるよね?? 

最近のFate参入の入り口といえば、やはりスマホゲーム

Fate/Grand Order

でしょうか!

f:id:k3eng:20190129152957j:plain

 

僕はゲーム業界やスマホゲームについては全然詳しくないのでわからないことが多いのですが、

様々なランキングで1位をとっているそうですよ!笑笑

(めちゃくちゃアバウト!!ごめんなさい!)

 

ですが実際問題、

Fateをもともと知っている方だけでなく

このスマホゲーム(FGOと呼ばれています)からFateの世界に触れたという方でも

十分楽しめるコンテンツだと思います!!

 

 

まずはストーリー

というか、一番はここですね!

 

「ビジュアルノベル」の形態を踏襲したストーリー展開の中にバトルゲーム要素が入っています。

 

ゲームシステムについては今回は触れません!ここも長くなりますので。。笑

 

ストーリーは現在

第1部全7章第1.5部全4章第2部3章まで公開されています!

 

第1部のあらすじは

まず、地球の未来がなくなります。

細かいツッコミはなしにしましょう。笑笑

 

とにかく、

「このままだと地球が何者かによって滅ぼされてしまう!」

みたいな状況になったと思っていただければ良いかと!

 

その原因が「過去」にあるとわかり、

魔術の力によって過去の世界にタイムワープをして原因を突き止め、解決する!

 

というのが

ものすごぉーーくざっくりとしたあらすじです!笑

 

その過去での戦いの中で、ここまでに紹介した

聖杯サーヴァント・英霊

が絡んでくるということですね!

 

 

第1.5部はストーリー上はそんなに関係のない、言うなれば

「つなぎ」

ですね!笑笑

 

もちろんここを読むことによって第2部がよりわかったり、

今までFateに触れてきた人には

「ああーーー!!!」

みたいなのがあったりするのですが、今回は飛ばします。笑

 

 

そして現在進行中なのが第2部ですね!

 

第2部では

地球が漂白されたところからストーリーがスタートします。笑

 

また意味わかりませんよね〜妾笑

僕も最初はよくわかりませんでした。笑

 

ここもざっくり言うと、

『7人の魔術師たちが「一度地球上をまっさらにして、そこに新たな人類史を築こう」

とするのを阻止しよう』

というのが大きな柱です。

f:id:k3eng:20190129194500j:plain

クリプターと呼ばれる7人

しかしこの第2部、ただ敵を倒せば良いというわけではなく

「すでに成立している文明を壊す」

必要があるわけなんです。

 

うん、難しいですよね。。笑

 

第1部では

「過去のおかしくなった一点を消せば元に戻る」

という状況だったのに対し

 

第2部は

「滅びるはずだった文明が滅びずにこの地球に残り、その文明を消すことで自分たちの文明が戻る」

という状況なんです。

 

例を挙げると、第2部第3章は

「秦の始皇帝がもし不死の力を得て治世を続けていたら」

という世界が舞台になります。

 

第1部の敵は「この地球に害をなす明確な悪」

なのですが、

第2部の敵は「新たな地球の文明になりうる可能性の世界」

な訳です。

 

うーん、、

言葉で説明するのがこうも難しいとは。。

 

とにかくですね、、

第2部はかなり面白い!!

ということです!!!笑笑

(力技っ!!笑)

 

言うなれば、

第2部における主人公たちは、すでに成立している文明に対する「侵略者」とも言えるわけなんです。

 

自分たちの文明を取り戻すために他の文明を滅ぼさなければいけない

けど

すでに平和な文明を滅ぼしてまで果たして取り戻すべきなのか

みたいな主人公たちの葛藤が描かれているんですね〜〜

 

僕がこういう「問いかけ」みたいな要素が強い作品を好む傾向にあるというのもありますが、

ストーリーに関しては「ゲーム」というよりかは「電子書籍」として半分見ていますね!

 

それくらい読み物」として楽しめるのではないかと思います!

 

もちろん、

ストーリーとイベントの攻略のためにバトルで強くなる必要はありますが、、!

 

 

そしてもう一つの大きな魅力はやはり

キャラクター

でしょう!

 

前述の通り、Fateには「英雄」が不可欠なわけで、日本史・世界史で勉強するような人物まで出てきます。

そのキャラ一人一人の設定が結構しっかりしてるんです!!

 

歴史上の逸話や行いがバトルにおける「宝具」という必殺技になっていたり、

因縁のある人物同士の設定がストーリーであったりと、

この部分に関しては歴史好きの方はハマるのではないでしょうか!

 

そんなキャラの、バトルに関係ないボイスなんかも収録されているされているので

「このキャラ好きかもっ!!」

というサーヴァントが1人はいると思いますよ!

 

 

ということで、

スマホゲームFGOの紹介はここまで!

 

あ、ちなみにゲームを最初に始めるとアニメシリーズのネタバレとなる要素もありますので

ネタバレなしにアニメを観たい!

という方は先にアニメを観ることをオススメします!!

 

 

 

キャラクターをちょっぴりご紹介!! 

最後に、

ここまでご紹介してきましたFateの肝と言えるサーヴァントキャラのほんのほんの一部をご紹介します!!

 

アルトリア・ペンドラゴン

f:id:k3eng:20181007020316j:plain

クラス:セイバー(FGOでは他のクラスも存在)

CV:川澄綾子さん

 

stay nightシリーズでは主人公衛宮士郎のサーヴァントとして、

Zeroシリーズでは、士郎の父衛宮切嗣のサーヴァントとして呼び出されます。

 

Fateシリーズの顔

と言ってもいい存在!

 

そして、

セイバーといえばこの人!!

という存在でもあります。

 

FGOが流行った今でこそ真名(本名のこと)の「アルトリア」と呼ばれますが、

かつては

「セイバー」=「アルトリア」

みたいな感じだったと思います!笑

(僕は今でも「セイバー」と呼んでしまいますが、、!)

 

そんなセイバーもといアルトリア、歴史上の人物でいうと

アーサー王

にあたります!

 

ごめんなさい、1人目からイレギュラーです。。笑

このアルトリアはFateオリジナル設定のキャラ。

 

もちろん伝説通り、

「選定の剣エクスカリバーを台座から抜くことで王となり、窮地のブリテンを救ったものの

最後は息子であるモードレッドに国を崩壊させられた」

という大筋はそのままですし、

 

アーサー王が統べた「円卓の騎士」の設定もありますが、

 

そこに至るまでのお話がオリジナル、言うなれば
 「Fate世界の解釈

というようになっています。

 

そして

アーサー王は、実は男装をした女性だった

 という設定も加わっていますね!

 

彼女に関しては様々なシリーズでそのストーリーが語られていますので、

彼女を追うだけでもFateシリーズを知れると言っても過言ではないですね!

 

 

劇中でも「騎士王アーサー王」の力を遺憾無く発揮!!

といきたいところなのですが、なんやかんやと制約などがあり、

十分な力が発揮できないことが多いです。

 

ですがこれは、

そうでもしないと強すぎて話がつまらない

ということらしいですね!

 

実際、

「宝具」と呼ばれる必殺技「エクスカリバー」はまさに最強の一振り

 

ufotableの作画も相まって、

近年のZeroやstay nightなどのアニメーションではさらに魅力がupした印象です!

 

f:id:k3eng:20190129223153j:plain

 

そんなアルトリア、戦闘の時はキリっとした騎士の佇まいですが

設定の一つに

「当時のブリテンの料理は美味しくなかった」

というものがあり、

「現代の料理を大層気に入っている」

ということになっています。

 

ですのでシリーズによっては

かなり可愛らしい様子になっています!!

f:id:k3eng:20190129224344j:plain

stay nightでの束の間のワンシーン!

f:id:k3eng:20190129173256j:plain

『衛宮さんちの今日のごはん』のワンシーン!ちなみにこれは、別の世界線です。笑

 

こんなギャップも、彼女の魅力の一つですね!!

 

 

 

ギルガメッシュ

f:id:k3eng:20190129174628j:plain

クラス:アーチャー(FGOではキャスターも存在)

CV:関智一さん

 

セイバー・アルトリアがFateの女性キャラの代表ならば、

このギルガメッシュは男性キャラの代表と言えるでしょう!!

 

 

かの『ギルガメシュ叙事詩』のギルガメシュその人。

最古の王にしてすべての英雄の原典とも言われる人物です!

それゆえに「英雄王」という二つ名を持ち合わせます。

 

かなり多くのシリーズに登場しており、その登場数は全サーヴァント中最多とか。笑笑

 

そんな英雄王ギルガメッシュ、強さは「チート級」。笑

 

Zeroで彼を召喚した遠坂時臣さんは、彼を召喚した時点で

「勝ったぞ!」

と声高々に宣言したほど。笑笑

(まあ、これが俗にいうフラグだったのかもしれませんが。。笑)

f:id:k3eng:20190129175601j:plain

時臣さん。ちなみにstay nightのヒロインの1人「凛」のお父上でもあります。

 

そして

「弓を使わないアーチャー」の代表格でもあります笑笑

 

その戦い方は、

宝物庫の剣や槍などの武器を発射するというもの。

 

文字で説明するとなんだかちゃっちそうですが

ゲート・オブ・バビロン」という名前の宝具であり、これがものすごく強い!

そしてかっこいい!!

f:id:k3eng:20190129180033j:plain

 

なぜゲート・オブ・バビロンが最強なのかというのはここでは省略しますが(笑)、

 

そんな彼のさらなる切り札が「エヌマ・エリシュ乖離剣エア」という武器。

漢字で書くと「天地乖離す開闢の星

 

もう強そうでしかない。笑笑

f:id:k3eng:20190129181728j:plain

 

厳密にいうと、もはや武器でもないらしいのですが、そこを話していると一つの記事を書けそうなので略。笑

 

一言で言うと

マジの本気で使ったら世界を滅ぼしかねない攻撃

といったところでしょう。

 

 

そんな最強ギルガメッシュ、

当然自分が最強だと疑わないので、基本的には「慢心」しています。笑笑

 

慢心王」とまで呼ばれる彼は基本的に自分の力を発揮しません。

さらには他の人間を「雑種」と呼びます。

(まあ、ここは喜ぶ人も多い、の、、かな、、、?笑)

 

それゆえに追い詰められるシーンも多々あるのですが、

慢心せずして何が王か

という名言まで残すほどですので、

 

それが彼の「王」としての矜持なのでしょうし、

 

自分が認めた者に見せる本気、そして接し方が

かっこよすぎるんですね〜〜!

 

そんなところが彼の人気の理由の一つなのは間違いないですね!!

 

 

ギルガメッシュについても様々なシリーズで掘り下げがありますが、

まずはZeroを見ることをオススメしますよ!

 

「Fateのギルガメッシュが何たるか」がわかるかと思います!!笑

f:id:k3eng:20190129180017j:plain

 

 

 

アーチャー

f:id:k3eng:20190129184920j:plain

CV:諏訪部順一さん

 

あえて「アーチャー」とクラス名で書いたのには理由があります。

それは彼の真名(本名)はstay nightの重大なネタバレになるからです!

 

スマホゲームFGOでは登場した時から真名ダダ漏れなのですが、ここでは伏せていきますね!笑

 

また、他のシリーズではまた違った設定で登場していたりもするのですが、

今回はstay nightのキャラとして紹介します!

 

 

さて、このアーチャーなのですが、

stay nightのキャラということは「最初のアーチャー」になるわけで、

アルトリア同様、今でも彼を「アーチャー」と呼ぶ方は多いのではないでしょうか!!

(かくいう僕も、もちろん「アーチャー」と呼んでいます!笑)

 

そして

「元祖・弓を使わないアーチャー」

としても有名ですね!笑

f:id:k3eng:20190129184943j:plain

もはやセイバーでは。。

ufotable版のアニメやFGOになってだいぶ使うようになったのですが、

原作のゲームには弓を持った立ち絵が一枚しかなかったとか。。笑

f:id:k3eng:20190129185009j:plain

ufotable版では毎回めちゃくちゃかっこよく弓を放っていた印象ですね!

 

そんなアーチャー、かなり名言を残しているんですね〜〜

 

別に、あれを倒してしまっても構わんのだろう?

理想を抱いて溺死しろ!

 

この2つが筆頭でしょうか!

若干中二病感が否めないのも特徴。笑

 

 

そして本当に

背中で語る男

という言葉がぴったりなキャラなんですよね〜〜!!

f:id:k3eng:20190129191107j:plain

 

なんだろう、

「男でも惚れてしまう!」

みたいなキャラですね!!

 

こういう姿に憧れる!っていう感じ!!

 

「なんだかんだ言いながら最後はいいやつ!」

みたいなところもありますね!

 

FateシリーズやTYPE-MOON作品の人気キャラランキングでも

女性キャラを抑えて常に最上位にいるキャラだそうです!

 

僕も、

Fateシリーズの中で一番好きなキャラです!!!

 

 

そんなアーチャーの宝具の名前は

Unlimited Brade Works

f:id:k3eng:20190129190733j:plain

 

そう、アニメの副題と同じなんです!

この副題のルートでは大大大活躍しますので、ぜひ観てくださいね!!

 

と、宝具の話に戻りますが、

ここもあまり多くは語りません。

 

またか!!

 

ごめんなさい!

けどアニメーション作品、特にFateはネタバレが難しい!!

 

話しても差し支えはないのですが、

それこそ

Unlimited Brade Worksでは一番のムネアツシーンなので!

 

気になる方は、本当にぜひご覧ください!!笑笑

f:id:k3eng:20190129190812j:plain

 

 

 

 

ここまで結局、アニメ登場サーヴァントしか紹介しませんでした!笑

 

ということで、最後に申し訳程度に

僕の推しメンツ

をざっくりご紹介していきます!!笑

 

 

ジャンヌ・ダルク

f:id:k3eng:20190129191450j:plain

クラス:ルーラー(FGOでは他のクラス有り)

CV:坂本真綾さん

 

神の啓示を受けたことで戦いに参戦し、

百年戦争において数々の戦いでフランス軍に勝利をもたらし、シャルル7世の戴冠に貢献します。

しかしその後、異端の判決を受け、19歳という若さで火刑に処されたオルレアンの聖処女その人。

 

のちに無実と殉教が認められ、今ではフランスの守護聖人にまで認定されている彼女

世界的な人気もかなりのもの!!

 

日本でも名前を知らない人の方が少ないかもしれませんね!!

 

 

そんなジャンヌはFateにおいては「エクストラクラス」と呼ばれる特殊クラスの1つ

ルーラー

として召喚されます。

 

「公平な立場から聖杯戦争を取り仕切る役割」

と考えていただければわかりやすいかと!

 

 

そんなジャンヌ、アニメーションでは

Fate/Apocrypha

というシリーズで登場する他、

f:id:k3eng:20190129201508j:plain

 

スマホゲームFGOのキービジュアルを担当したりもしています。

f:id:k3eng:20190129225624j:plain

センターはやっぱりアルトリアですが、、!

FGOにおいては、

ストーリー上でも大きなはたらきをしてくれます!

 

 

その容姿ももちろんですが、

「意外と無鉄砲」

だったり

「天然なのに頑固」

といった性格の部分も、人気の理由ですね!!

f:id:k3eng:20190129195241j:plain

 

 

 

エドモン・ダンテス

f:id:k3eng:20190129195113j:plain

クラス:アヴェンジャー

CV:島﨑信長さん

 

こちらもエクストラクラスの1つ「アヴェンジャー」のサーヴァント。

漢字にすると「復讐者」となり、文字通り「復讐」に関するエピソードを持つ英霊が該当します。

 

登場はスマホゲームFGOのみです。

 

 

ジャンヌとはうってかわって、

「ん?エドモン、誰それ?」

という方は多いでしょう。

 

僕も初めはそうでした!笑

 

「エドモン・ダンテス」は

アレクサンドル・デュマ作のモンテ・クリスト伯の主人公なんですね!

 

この作品も、日本ではまた知られていないかもしれませんね。

 

若き主人公エドモンは文字通り順風満帆な人生を送っていましたが、

そんな彼を妬む3人によって無実の罪を着せられ、

14年もの間、マルセイユ沖にある「シャトー・ディフ」で囚われの身となります。

その後、紆余曲折を経てかつて自らを陥れた3人に復讐を果たす

 

という物語です。

 

 

巌窟王

とも呼ばれる彼のストーリーは、FGOではイベントとして登場し、

ゲーム内ではかなり特殊な立ち位置のキャラとなっています。

(僕もここははっきりと理解していないので細かくは記述しません。。) 

 

このイベント、そしてストーリーに絡んでくる彼のかっこよさに心惹かれたわけです!

 

 

そしてなんと、『モンテ・クリスト伯』を実際に読み、

挙句の果てにマルセイユにまで行ってくるということまでしました!笑

 

まあ、マルセイユはただのフランス観光の一箇所だったわけなのですが、

とにかくここまでハマったキャラはなかなかいない!

そんなキャラクター!

 

 

ゲームのダンテスがかっこいいというのはもちろんなのですが、

今では読んだ原作の方に強く影響されたと思いますね!

 

一言で言ってしまえば

「復讐劇」

なのですが、

 

そこまでの人間模様やエピソードなんかがとてもリアル!

 

多くの人に当てはまる「人間の業」のようなものを見せつけられ、

それをどう捉えるか?

 

そんなテーマ性さえ感じる物語です。

 

 

一ゲームキャラとして魅力的ですが、

ぜひ原作『モンテ・クリスト伯』も読んでみていただきたいですね!!

 

 

 

 

ナポレオン

f:id:k3eng:20190129201444j:plain

クラス:アーチャー

CV:日野聡さん

 

このナポレオンも、有名すぎる皇帝ナポレオン・ボナパルトその人なのですが、

Fate的解釈が含まれた設定となっているキャラ。

 

基本的な「ナポレオンとしての」設定は史実通りなのですが、

「英霊として」の根本の部分が

ナポレオンという人物は、人に願われたことを叶える者」という概念となっており、

つまり、

「多くの人が想像するナポレオン」

という姿で召喚されます。

 

そのため、容姿が歴史とはだいぶ異なっていますね!笑

 

かなり男前でダンディ、さらに身長も史実より高くなっています笑

 

 

そんなナポレオン、気前もかなり男前!

 

アーチャーと被ってしまいますが

the 背中で語る男

ですね!!

 

やることなすことがどれもかっこいい!

「男として憧れる男」ですね!

f:id:k3eng:20190129230648j:plain


 

 

 

 

イスカンダル

f:id:k3eng:20190129202638j:plain

クラス:ライダー

CV :大塚明夫さん

 

イスカンダルというのはペルシア・アラビア語読みで、

世に知れる名前としては

アレクサンドロス大王」または「アレキサンダー大王

でしょう!

 

Fate/Zeroの第四次聖杯戦争において、ライダーとして参戦したサーヴァント。

 

何事も楽しみ尽くすという生き方剛毅な人柄人を束ね導く風格

そして何より、自らの夢を追い続ける姿

 

とにかく彼に心を打たれたZero視聴者は多いのではないでしょうか!!

 

もちろん僕もその一人です。笑笑

 

 

ナポレオンと推す理由はほぼ同じなのですが、

その生き方・あり方がとても憧れる!!

 

「何をアニメで言ってるんだ」

 

と思うかもしれませんが、観ればわかります!きっと!!

 

 

このキャラクターも、男性からも支持を集める人気キャラですね!

 

あまり多くは語りませんが、

Zeroのラストでのギルガメッシュとの一戦は本当に涙ものです。。!!

f:id:k3eng:20190129203556j:plain

 

 

 

最後に。。

さてさて、長々書いてしまいましたが

これでもかなりざっくりした紹介です!!笑

 

これをもって

Fateという作品がいかに大きな世界観なのか

そして

いかに魅力的なキャラクターが多いのか

ということに少しでも繋がってくれればとても嬉しく思います!

 

 

ちなみに最後のキャラ紹介、男性が多くなってしまいましたが

Fateシリーズは女性キャラの方が多いです!!

 

ではなぜ男性キャラが多くなってしまったのか。

 

僕はアニメ作品を

1つの物語

として捉え

そこから何か感じられればとも思いながら観ています。

 

本が映像化した

といえばわかりやすいでしょうか。

 

 

よく

本からは学びが多い

と言われますが、

 

アニメ作品もその対象になると思っているというわけです。

 

 

これ、割と真面目に言ってます。

 

ワンピースはよく言われていますし、本も書かれていますし!

 

 

そんなわけで、

特にFateの男性キャラからは「学びが多い」というわけなんです!!

 

 

「学びがある」というのはFateに限った話ではなく、

ジブリ作品もその代表例ですよね!!

 

 

「アニメーションだからこそ伝えられること」

というのは存在すると思います。

 

そして日本の映像技術は間違いなく世界一です!!

 

それに触れない手はないというものです!!!

 

 

 

ということで、

 

今回は「Fateシリーズ」を取り上げましたが

この「アニメ特集」を機に、

様々なアニメーションに触れていただき、

自分の中の学び、糧を得ていただけたら大変嬉しく思います!!!

 

 

 


スポンサードリンク